Latest Post

皆さん!今日はバレンシアガ ハワイ ピアスしたいと思います。 もしDIOR(ディオール)のバッグがあなたの心を奪い、あなたのファッションスタイルをより魅力的にしたいなら、DIORの新しいバンダナコレクションは必見です!DIORのバッグバンダナは、エレガントで洗練されたデザインと高品質な素材で作られており、あなたのスタイルにエッジを与えることができます。

ルイヴィトン

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)の2022年春夏メンズコレクションのスピンオフショーが発表された

“ニュアンス”を語り直す

ルイヴィトン 2022年春夏メンズコレクション - 暗がりに浮かぶ機微|写真27

2021年12月に開催された、2022年春夏メンズコレクションのスピンオフショーこの春夏コレクションの内容自体は、すでに駆け足に記述済みであるその眼目は衣服にまつわる〈コード〉──フォーマルとストリート、マスキュリンとフェミニン、等々──の惑乱にあったそれでは今ここで、何を語り直そう?

ルイヴィトン 2022年春夏メンズコレクション - 暗がりに浮かぶ機微|写真43

メンズ アーティスティックディレクターの故ヴァージルアブローが2020年7月に発表した「マニフェスト」があるそこで彼は執拗に「ニュアンス」──微妙な差異、機微──について綴っているすなわち、衣服にまつわるステレオタイプやラベルといった固定されたものを問いに付し、衣服がもつ豊かな内実をこそ示すことちなみに「マニフェスト」を語ること自体、自身の意には反する、とも記しているというのも「マニフェスト」とは、ラテン語でobvious(=明瞭な)を意味する語を源とするのだから

ルイヴィトン 2022年春夏メンズコレクション - 暗がりに浮かぶ機微|写真2

それならばここでは、白く力強い光のもとではなく、仄かな明かりに照らされる暗がりのなかで、ニュアンスの豊かさに目を向けるのが良さそうだたとえばテーラードジャケットは端正なフォルムながらも、ウエストをベルトで締めることで、しなやかな可塑性を印象付けるあるいは、ジャケットと対照的に用いられたスカートの揺らめきや、軽やかなロングコートのビニール素材がなびくようにして織りなす細かなひだもまた、ソリッドな屈強さを柔らかなフォルムへと接ぎ木しているといえようルイ ヴィトン 時計 スーパー コピー

ルイヴィトン 2022年春夏メンズコレクション - 暗がりに浮かぶ機微|写真11

ソリッドなものの屈折これにダミエを引きつけることもできるかもしれないこのチェッカーボード柄、ないし石畳模様は、たとえばルネサンス絵画に多用されて合理的な遠近法空間を強調していたように、明晰な秩序を示すものだといえるルイヴィトンコピーしかしテーラードジャケットやスカート、チェスターコートには、そうした冷え冷えとした秩序を掻き乱すかのようにして、異なる色やパターンのチェッカーボード柄を組み合わせた

ルイヴィトン 2022年春夏メンズコレクション - 暗がりに浮かぶ機微|写真30

目の覚めるような色彩も、コレクションを特徴付けるものだろうテーラードスーツやトラックスーツをはじめ、いわゆるフォーマル、ストリート、スポーティなどとカテゴライズされるウェアには等しく、黒から出発し、ブルー、レッド、グリーン、ネオングリーン、ピンク、イエローと、ヴィヴィッドな色彩をコレクションというパレットに虹を描くようにして採用し、色彩の力強さをそれ自体に語らせている

ルイヴィトン 2022年春夏メンズコレクション - 暗がりに浮かぶ機微|写真42

色彩の粒子の極微なる運動──目の覚めるように鮮やかな色彩はまた、グラデーションやタイダイとして用いられ、その豊かな移ろいを表現しているピンクやブルー、グリーン、イエローといったグラデーションは、モノグラムパターンのエンボス加工を施したスタンドカラーブルゾンや大小さまざまなサイズのバッグ、ボリューミーなファージャケットなどに採用一方でテーラードジャケットやショートパンツにはブルーのタイダイを用いるとともに、モッズコートやワイドパンツにはマルチカラーのタイダイを、帯をなすように施した