Latest Post

皆さん!今日はバレンシアガ ハワイ ピアスしたいと思います。 もしDIOR(ディオール)のバッグがあなたの心を奪い、あなたのファッションスタイルをより魅力的にしたいなら、DIORの新しいバンダナコレクションは必見です!DIORのバッグバンダナは、エレガントで洗練されたデザインと高品質な素材で作られており、あなたのスタイルにエッジを与えることができます。

グッチ
ロンドンV&A博物館でデヴィッドボウイの大規模回顧展Stripe bodysuit for Aladdin Sane tour, 1973 Design by Kansai Yamamoto, Photograph by Masayoshi Sukita cSukita/The David Bowie Archive 2012

2013年3月23日よりロンドンのヴィクトリアアンドアルバート博物館(V&A)にて、鬼才デヴィッドボウイの足跡を辿る世界初の大回顧展「David Bowie is」が開催される

回顧展は、音楽のイノベーター、またカルチャーアイコンとしてのボウイの創作過程を探ると同時に、50 年にわたるそのスタイルの変遷、めくるめく変身の軌跡を辿るものコピー グッチ 財布手書きの歌詞、オリジナルコスチューム、ファッション、写真、映像、ミュージックビデオ、セットデザイン、ボウイ所有の楽器、ならびにアルバムアートワークを含む300点以上のアーカイブが初めて集結する

60点以上にのぼるステージ衣装の展示の中には、フレディーブレッティのデザインによるジギースターダストのボディースーツ(1972年)、「アラジンセイン」ツアーのための山本寛斎の華麗なデザイン(1973年)、そして「アースリング」のアルバムカバーのためにボウイとアレキサンダー マックイーンがデザインしたユニオンジャックのコートなどが含まれている

さらに、ブライアンダフィー、テリーオニール、鋤田正義の写真をはじめ、ギーペラートおよびエドワードベルのアルバムスリーブアートワーク、「地球に落ちて来た男」(1976年)や「サタディナイトライブ」(1979年)を含む映画ライブパフォーマンスからの抜粋映像、「ボーイズキープスウィンギング」(1979年)や「レッツダンス」(1983年)などのミュージックビデオ、そして「ダイアモンドドッグス」ツアー(1974年)のためのセットデザインが展示される

これらに加えて、初公開のストーリーボード、手書きのセットリストや歌詞をはじめ、ボウイ自筆のスケッチ、楽譜、日誌の一部など個人的な所持品が出展され、ボウイの創作活動の展開過程に迫る

今回の回顧展は、グッチ(GUCCI)がスポンサーを務めており、クリエイティブディレクターであるフリーダジャンニーニは次のように述べている
「デヴィッドボウイは、私にとって最大のインスピレーション源のひとつです常に本物であり続ける彼の個性、オリジナリティは際立っており、音楽、ファッション、アート、ポピュラーカルチャーに幅広くまたがるボウイの卓抜したクリエイションの影響力は、過去数十年間にわたって計り知れませんグッチ コピー 人気この影響力は今後も何十年にわたり変わることなく、そして衰えることはないでしょう」

会場:ヴィクトリアアンドアルバート博物館
住所:Cromwell Road, SW7 2RL,LONDON
会期:2013年3月23日 – 8月11日
開館時間:毎日10:00 – 17:45、毎金曜日は 22:00 まで
www.vam.ac.uk/davidbowieis